トップ

研究内容

研究室メンバー

業績

教材集

聴覚基礎理論談話会

リンク

 

 

 

教員

 

津崎 実 (教授) minoru.tsuzaki[at]kcua.ac.jp

1957年千葉生まれ.1980年文学学士(東京大学),1982年文学修士〔心理学〕(東京大学)を取得.1982年から1985年まで新潟大学,1985年から1988年まで東京大学に勤務.1988年よりATRプロジェクトに研究員として参加.その間,視聴覚機構研究所,人間情報通信研究所,音声言語通信研究所の各プロジェクトに従事.2004年より京都市立芸術大学の助教授. 2011年より同大学教授.
一貫して聴覚の基礎過程に対する関心を寄せ,周波数遷移音の知覚,音程知覚,聴覚的事象の持続時間判断,ジッター検出,「寸法」変調母音の知覚などの研究課題に携わる.1985年には英国ケンブリッジのMRC-APUの客員研究員となり,Roy D. Patterson博士と共同研究をする機会を得る.以降,Patterson博士の提唱する聴覚イメージ・モデルの研究プロジェクトに影響を受け,精神物理学的現象と計算論的モデルの間の生産的結びつきを確立すべく奮闘中.
大学,大学院では心理学を専攻したが,ATRでの研究活動を通じて音声技術,音響信号処理の分野の工学者との共同研究をする機会に恵まれた.
日本音響学会,日本心理学会,アメリカ音響学会,日本基礎心理学会,日本音楽知覚認知学会所属.

[PHAMで研究をしてみたい人へ]

 

学生(京都市立芸術大学では音楽学専攻以外の学生でも、修士論文、博士論文のための研究をする際に、音楽学専攻の教員の指導を受けます。)

 

音楽学専攻 (M2) 渡邊 栞
音楽学専攻 (M1) 前側 典子
音楽学専攻 (B4)

吉村 帆生

音楽学専攻 (B3) 植木 麻衣子
声楽専攻 (M2) 池田 真己
声楽専攻 (M2) 喜納 和
声楽専攻 (M1) 浦方 郷成
声楽専攻 (M1) 大西 凌
声楽研究領域 (D2) 高橋 純
作曲・指揮研究領域 (D6) 山路 淳司

 

研究員・研究生

客員研究員 大澤 智恵 
特任研究員 田中 里弥

 

卒業生

 

音楽学専攻 花田 沙和 2015年3月 修士課程修了
音楽学専攻 守屋 美沙 2015年3月 修士課程修了
音楽学専攻 山本 響子 2015年3月 卒業
音楽学専攻 花田 沙和 2013年3月 卒業
音楽学専攻 九鬼 絢子 2012年3月 卒業
音楽学専攻 平塚 弘一 2012年3月 修士課程修了
声楽専攻 畑 奨   2012年3月 修士課程修了
音楽学専攻 竹島 千尋 2010年3月 博士課程修了
音楽学専攻 松井 淑恵 2010年3月 博士課程修了 [個人ページ] 
音楽学専攻 中川 裕貴 2010年3月 修士課程修了
音楽学専攻 饗庭 絵里子   2009年3月 博士課程修了
音楽学専攻 田中 里弥   2009年3月 博士課程単位取得退学 2010年3月 学位取得[個人ページ]
音楽学専攻

野本 祐介   2008年3月 修士課程修了

音楽学専攻 高橋 範行   2007年3月 博士課程修了
音楽学専攻 辰巳 和隆   2006年3月 卒業
音楽学専攻

森 香代子   2006年3月 卒業

声楽専攻 井上 元気 2016年3月 修士課程修了
声楽専攻 大森 花 2015年3月 修士課程修了
声楽専攻 砂田 麗央 2015年3月 修士課程修了
声楽専攻 松崎 絵美 2015年3月 修士課程修了
声楽専攻 大谷 圭介 2014年3月 博士課程修了
声楽専攻 畑 奨 2012年3月 修士課程修了
声楽専攻 浦田 恵子 2009年3月 修士課程修了
弦楽専攻 井尻 知喜 2008年3月 修士課程修了
管・打楽専攻 久野 泰典 2007年3月 修士課程修了
管・打楽専攻 平山 幸子 2006年3月 修士課程修了
  Kyoto City University of Arts, Faculty of Music, Graduate school of Music. All right reserved. 2007