石本 正
いしもと しょう
大正9年(1920)〜
島根県那賀郡三隅町に生まれる。本名正(ただし)。昭和19年(1944)京都市立絵画専門学校を卒業,同22年(1947)第3回日展に初入選。同25年(1950)創造美術第3回展に入選,翌26年第4回展で新作家賞を受け,創造美術が新制作協会日本画部となり,創画会へと変化する中,同会を基盤に女性を主題とした作品を発表する。その他,美術選奨文部大臣賞,日本芸術大賞など受賞多数。昭和40年(1965)渡欧の際フレスコ画に感銘を受けた。昭和24-62年(1949-87)の間京都市立美術専門学校・同美術大学・同芸術大学の教員をつとめた。
(C)京都市立芸術大学芸術資料館