池田 道夫
いけだ みちお
大正14年(1925)〜
日本画家池田遙邨の長男として京都に生まれる。在籍中招集を受けながらも復学して昭和23年(1948)京都市立絵画専門学校を卒業。同25年(1950)第6回日展に「工場」が初入選,以来一貫して同展に出品を続け,同32年(1957)第13回日展「静物」が特選・白寿賞,同35年(1960)第3回日展にも「卓上静物」特選・白寿賞を受け,同40年(1965)第8回日展に「黒い卓上」が菊華賞を受けた。同43年(1968)に同展会員となり,同51年(1976)に評議員となる。初め父遙邨が主宰する画塾青塔社には参加せずに独自に研鑽を積んだが,同63年(1988)の父の死後は,青塔社の主宰となった。平成3年(1991)京都府文化賞受賞。
(C)京都市立芸術大学芸術資料館